お金を得る選択肢

お金を得る選択肢

お金を得る選択肢は3つに分けることができるといわれています。

 

@働く
A借りる
B盗む

 

通常は@の働くという選択が最も健全な方法ですが、
人が生きていればお金が足りない時もあるものです。
そんな時はやむを得ずAの借りるという選択をしなければなりません。

 

Bの盗むという選択肢は如何なる理由があっても選らんではいけないわけです。

 

つまりお金を得るには@働く、やむを得ずA借りるしかないのです。

 

私も過去に何度もお金を借りた経験があります。

 

ただ借りるという選択をする場合は返す見込みがなければなりません。

 

そうでなければA借りる→B盗むというのが同じ意味となってしまいます。

 

つまり結論は、「一生懸命働きましょう」ということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ